のぼり旗の土台やポールは、いくらあれば揃えられますか?

のぼりは土台とポールがセットでそろっていて立てることができます。

のぼり旗の発注から一式を頼める総合ショップを選んでおけば、割引率が大きくなる可能性もあります。

▼土台とポールはセットで買うと割引に。

のぼりは旗そのものの単価を気にすることも大事ですが、それだけで旗を立てられるわけではありません。

注水と言って、のぼり旗を立てるための土台やポールを、立てる旗の枚数分だけ同時に発注しておく必要があります。

土台とポールを別々に購入すると、土台で1,000円、ポールで400円~500円しますが、この2つをセットで購入すれば1,200円以内で収まるなど、200円~300円が得になる計算です。

▼のぼりの発注は総合ショップが便利。

のぼり旗店には、のぼりの製作や印刷だけではなく、注水やポールなど周辺資材を一緒に販売している店が多数あります。

最初からそのような総合ショップを選んで、のぼり旗の製作・印刷といっしょにオーダーすると割引になる可能性もあります。

ポールには旗に適した直径サイズ(太さ)と長さがあり、注水の重さものぼり旗のサイズに合わせて選びます。

選択時には注意しましょう。

▼たとえばのぼりの巻き上がりを防止する便利グッズなども、一緒に購入しておくと便利です。

のぼりは風になびくようにできていますが、強風の日はのぼりがポールに巻き付いてしまう「巻き上がり」という現象を起こします。

こうしたトラブルを防止するためのグッズもあるのでサイトのメニューから探してみましょう。

注水・ポールには、素材や色に種類があります。

価格は素材によって変わります。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.