11月 22
2014

特殊清掃でできること

特殊清掃は、家を綺麗にしてくれるだけではありません。

本日は、一般的に特殊清掃がやってくれることについてご紹介させていただきます。

もちろん、特殊清掃というぐらいですから、まずはお亡くなりになった人を大切に思いながら、丁寧に家を清掃します。

大概の家の清掃が終わったら、次は空気の正常化です。

窓を開けているだけでは綺麗にならないものがあります。

そんな時は、空気清浄機を使うのですが、普通のものでは意味がありません。

そのため、オゾン消臭機のような協力な空気清浄機を使って、空気を正常化します。

その次に、家が綺麗になったらすることと言ったら遺品の整理です。

お引越しやただの片付けとは違い、遺品の整理をする場合は、形見として残すもの、廃棄するもの、はたまたリサイクルするものnなど様々にわけてやります。

その後、中には大切に供養したいものもあるかと思います。

そんな時は、合同供養といった形でそのものを供養してもらえます。

その後、不用品は綺麗に処分します。

これが最終処分で、残ったものは全て廃棄します。

この後誰かが住んだり、2階以上の部屋でなくなられた場合、体液などが流れていたら残ってしまうので、畳やフローリングなども全て撤去して、新しいものを送ります。

もちろんリフォームの際は、ニオイを防止するような技術を持っている特別なリフォーム会社を呼んでやってもらいます。

最後に、リサイクル用品はトラックに積んで終了です。

This entry was posted in 特殊清掃の範囲. Bookmark the permalink.

Comments are closed.