のぼり旗のオリジナルと既製品、双方のメリット&デメリットは?

オリジナルのぼりにも既製のぼりにも長所があり欠点があります。

どちらが良いかではなく、“目的にあっているか、効果は出せるか”の見極めと選択が大事です。

▼差別化は出来るが鮮烈さに欠けやすいオリジナル。

のぼり旗のオリジナルは、他との差別化を図れることがもっとも大きいメリットです。

世界でたった1つの作品を作れるわけですから、どこよりも個性的で目立つのぼりを作成できます。

その一方で、のぼり制作のセオリーを無視してしまうと、焦点の定まっていない意味不明なのぼりになってしまいます。

作成する前にいろいろと事例を研究し、どうすれば満足度の高いのぼりが作れるかを考えましょう。

▼インパクトはあるが差別化はむずかしい既製のぼり。

既製のぼりのメリットは、すでにのぼり店にある旗を活用するわけですから、のぼり旗の基本やセオリーを外す心配はありません。

店名を入れたりセール期間を挿入したりして使います。

納期が短く、イメージのズレを心配する必要もありません。

その反面、オンリーワンののぼり旗ではないため、他との差別化を図ることはむずかしくなります。

大量に、短期的に使う大規模イベント等に適しています。

▼オリジナルだから、既製のぼりだから良い悪いということはありません。

どちらも目的にあった使い方をすることが大事です。

のぼり旗は“オリジナルがすぐれている”というものではなく、“既製品だから劣る”というものでもありません。

販売助成物・宣伝物としての効果を発揮することが第1です。

のぼりはアート作品ではないので、その点を勘違いしないようにしましょう。

第1は目立つこと。

第2は集客につながることがのぼりの使命です。

≫≫東京五輪に向けたのぼりの準備も始まっています≫≫相模原橋本RC 五輪盛り上げに一役 商店街にのぼり旗を寄贈

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.